大建労 大阪建設労働組合なら一人親方労災特別加入の手続きも簡単。

労災保険

労災保険とは

業務災害・通勤災害に備えた公的補償制度です

労働者(社員、アルバイト、パートなど)が業務災害や通勤災害に被災した際に一定要件を満たすと『治療費』や『休業補償』あるいは『障害』や『死亡』など労働者あるいは遺族に対し保険給付を行います。原則、労働者を雇う事業主(使用者)は労災保険に加入しなくてはいけません。
労災保険の保険料は全額事業主負担ですので労働者の保険料負担はありません。

労災保険の主な給付内容

療養給付

病院等の治療が治療費の支給または無料で受けられます。

休業給付

休業4日以降1日につき給付基礎日額の6割+2割(特別支給金)を支給

障害給付

障害が残った場合、障害等級により給付基礎日額に応じて年金または一時金として支給

死亡(遺族)給付

遺族の人数等により給付基礎日額に応じて年金または一時金として支給

詳しくはこちら

建設業に関する労災保険

労災保険の種類

建設業に関する労災保険は元請事業者の労災保険を適用させたり、現場ごとに保険関係を成立したり一般的な労災保険と比べ少し異なる事があります。また事業主が自ら作業をすることも多い為一人親方と同様に特別加入制度というものもあります。

事業労災(事業(所)単位で加入)
現場労災(一括・単独有期事業労災)

建設現場は起工から竣工まで期間が限定されるので有期事業に分類されます。工事額などに応じて『一括有期事業労災』または『単独有期事業労災』があり、通常建設現場は一つの事業単位となり“労働者”は元請会社が加入する労災保険で補償されます。

事務所労災(継続事業労災)

工場加工、製造など期間が限定されない事業などに対して労働者の社内(事務所や倉庫作業あるいは自社通勤中など)での被災が補償されます。

特別加入労災(事業主・一人親方が加入)
中小事業主等特別加入(第1種)

労働者を年間合計100日以上使用する(見込まれる)事業主や労働者以外の家族従事者や業務執行役員等が加入する労災保険です。

一人親方等特別加入(第2種)

主に一人で仕事を請負う事業主(一人親方)や家族従事者のみの事業所の家族従事者が加入できる労災保険です。

大建労で取扱う労災保険

大建労では特別加入労災と一括有期労災に加入手続できます。

一人親方等特別加入

詳しくはこちら

中小事業主等特別加入

詳しくはこちら

一括有期労災

詳しくはこちら

 

 

Check It Out


TOP 大建労加入方法 大建国保 労災保険 アクセス お問い合わせ

上部に戻る