大建労 大阪建設労働組合 東淀川支部

一人親方等労災特別加入(第2種)

一人親方等労災特別加入について

一人親方は原則、元請や会社の加入する労災保険は適用されません。仕事中にケガをした場合も治療費は全額自己負担となり、労務不能の際も休業給付金はもらえません。そこで1人親方自身が加入できる労災保険として任意でご加入いただける特別加入制度があります。
この制度に加入した場合一人親方の方も労災保険と同じ補償を受ける事ができます。

一人親方労災の特別加入は『一人親方団体』を通じて加入します。
大建労でも一人親方団体として加入手続きを行っています。

主な保険給付内容

療養給付

病院等の治療が治療費の支給または無料で受けられます。

休業給付

休業4日以降1日につき給付基礎日額の6割+2割(特別支給金)を支給

障害給付

障害が残った場合、障害等級により給付基礎日額に応じて年金または一時金として支給

死亡(遺族)給付

遺族の人数等により給付基礎日額に応じて年金または一時金として支給

一人親方に該当する方

下記に該当する方は一人親方です。

  • 個人で仕事を請負い、一人で仕事をしている
  • 人に使われない、人を使わない
    (人に使われるもしくは使っても応援や手伝いで100日未満)
  • 会社で仕事をしているが雇用関係がなく請負いで仕事をしている。
  • 家族のみ(同居、同一生計)で請負いで仕事をしている。・・・etc

大建労で一人親方労災

年間保険料について

特別加入保険料の設定

給付基礎日額の設定に応じて保険料が変わります。
大建労では給付基礎日額5,000円~25,000円段階で設定できます。(下記一覧参照)

給付基礎日額について

労災に認定された場合の保険給付金は給付基礎日額を基準として給付されます。
万一の時の生活水準を考え給付基礎日額は最低1万円以上をおすすめします。また大建労では給付基礎日額3,500円の設定はありません。

保険料の計算

保険料はどこの団体で加入しても変わりません。
4月~翌3月末までを一年度(一年間)とし、所定の保険料率で計算します。年度途中の加入は月割計算しますので支部窓口へお問合せください。

【計算式】 保険料率1000分の18 (保険料=基礎日額×365日×0.018)

一人親方労災特別加入保険料一覧(年額)4月~3月末
給付基礎日額
()内は休業補償額
年間保険料*実質1日当たり換算
5,000円(4,000円)32,850円126円
8,000円(6,400円)52,560円202円
10,000円(8,000円)65,700円252円
12,000円(9,600円)78,840円303円
14,000円(11,200円)91,980円353円
16,000円(12,800円)105,120円404円
18,000円(14,400円)118,260円454円
20,000円(16,000円)131,400円505円
22,000円(17,600円)144,540円555円
24,000円(19,200円)157,680円606円
25,000円(20,000円)164,250円631円
加入(継続)手数料
2,000円
*実質一日当たりの換算額は年間実働日数260日として計算した参考値

一人親方労災の加入手続き

加入手続きについて

毎月3回(1日・11日・21日)に加入証を発行しています。
発行希望日の5営業日前までに支部窓口でお申込み下さい。
※加入手続きは随時できます。

ご用意いただくもの

一人親方労災特別加入の手続の際は以下のものをご用意ください。

  • 印鑑
  • 手数料 2,000円
  • 保険料 32,850円~(年度途中の加入は月割り)
  • 組合費 3,300~(大建国保未加入の方は前納して頂きます。)

組合費は支部ごとに変わります。各支部へお問合せください。
※組合未加入の方は組合加入手続きも必要です。組合加入方法

大建労加入手続きには印鑑をお忘れなく

大建労なら加入手続きはもちろん万一の際も安心対応。給付を受ける為の煩雑な書類処理など心配事も親身にサポート。電話やネットだけでなく、窓口でも応対!安心感とスピーディーな対応でご本人やご家族の方に寄り添います。労災保険は是非大建労へご相談ください。

 

大建労に関するお問い合わせ

大建労
〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-17-13
大阪建設労働組合 東淀川支部
電話 06-6329-2306
FAX 06-6329-2336
お問い合わせフォーム

Check It Out


TOP 大建労加入方法 大建国保 労災保険 アクセス お問い合わせ

上部に戻る